【合同公開レクチャー】進化する世界のランドスケープデザイン

~震災の記憶からランドスケープの未来を考える・グローカルなアプローチ~

小林竑一氏は、アメリカのシアトルをはじめとして、日本はもとより、アメリカ・UAE・中国など、文字通り世界を経験しながら、都市計画や都市開発など大規模プロジェクトにおいて、ランドスケープデザインの視座から、ヒューマンな環境デザインを提案し続けてきました。平成11年度には『シアトル連邦道路90号線のランドスケープデザイン』で造園学会賞を受賞されました。今回の講義では、これまで海外を舞台に展開された、主要なランドスケープ・プロジェクトをご紹介いただくとともに、震災を教訓とした、今後のランドスケープデザインのあり方への提言など、ランドスケープデザインの未来に展開するレクチャーをしていただきます。ランドスケープデザイン・都市デザイン・環境デザインに御興味をお持ちの方、ぜひご参加下さい。

日時
2012年11月25日(日)19:00~20:30
会場
京都造形芸術大学 人間館 NA-401教室
申込・参加費
申込不要・参加費無料

講師プロフィール

小林竑一 (Kobayashi Global 代表)

1945年生まれ

ASLA(米国造園家協会)・正会員。京都大学造園研究室卒業・カリフォルニア大学バークレー校大学院・環境計画修士修了。スギオ・コバヤシ・ウルマン計画設計事務所・オハイオ州立大学助教授などを経て現職。

主催
京都造形芸術大学 ランドスケープデザイン研究室 曽和治好 / 滋賀県立大学 環境建築デザイン学科 村上修一 / 京都大学 環境デザイン学研究室 今西純一
協力
(株)西川造園・花豊造園(株)・池内善兵衛園・嵐山虚空蔵法輪寺

■ 本公開レクチャーは曽和がコーディネートしています。

問い合わせはメールのみ受け付けます。曽和までお願いします。
sowastudio@gmail.com

小林先生レクチャーチラシ・ダウンロード
大学への交通アクセスや講義会場の情報が記載されたチラシをダウンロードしていただけます。
小林先生講義案内.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 733.2 KB