特別講義のお知らせ

以下の通り特別講義を開催いたしますので、ぜひ参加してください。事前申し込み不要、受講料無料です。

「森林療法の魅力 -森林と人間をすこやかに-」

日時
10月18日(土)18:30 ~ 20:00
会場
東京外苑キャンパス(教室は当日掲示)
講師
上原 巌(東京農業大学 森林総合科学科教授)
概要

「森林療法」とは、地域の身近な森林環境を利用して、病気になりにくい心や体をつくっていく自然療法、環境療法の1つで、現在日本で実践されている森林療法の「保養・健康増進」と「ケア・治療・療育」の2つを紹介いただきます。また、イギリスなどのリハビリテーションに森林環境を活用している事例、ドイツでの「森の幼稚園」という自然・森林環境における幼時保育の実践についての紹介、そして、魅力ある森林療法の構築のためには、森林・林業関係者のみならず、医療、心理、福祉、他の療法関係者などとのコラボレーションを図っていくことの重要性について講義いただきます。

上原巌(東京農業大学 森林総合科学科教授)

■ 講師プロフィール

1964年(昭和39年)長野県生まれ。東京農業大学農学部林学科卒業後、ミシガン州立大学農学部林学科留学、岐阜大学大学院博士課程など修了。農学博士。日本カウンセリング学会認定カウンセラー。日本森林保健学会理事長。「みんなの森」代表世話人。主な研究テーマは、全国各地の放置林の再生と森林の保健休養機能について。地域の森林と人間が古くからの豊かな関係を取り戻し、共に健やかになることを目指して、全国各地で里山の再生と森林療法を実践し、森林療法に関わる多数の論文、著書を発表されています。